電話を使って疑似セックス

man using smartphone

1990年代に流行したツーショットダイヤルは、電話を使って異性と交流を深めるサービスです。
当時は現在ほど技術が発達しておらず、連絡を取るためには電話を利用する必要がありました。
初対面同士の男女が電話での会話を通して交流を深め、互いに意気投合すれば、通話終了後に直接出会ってデートをすることができるのです。
いわゆる当時の出会い系サービスであり、男女ともに利用者は多かったです。
そしてこのツーショットダイヤルを商売として提供し始めたのがテレクラなのですが、時代の変化と度重なる規制によって、今はほとんどその姿を見ることはありません。
しかし、店舗としてのテレクラはなくなりつつありますが、テレクラという言葉自体は今もなお存在します。
「電話を使って男女の出会いをサポートするサービス」全般を指す言葉として使用されているのです。
近年はテレクラサイトなども数多く存在し、男女をつなぐパイプとして多くのユーザーが利用しているのです。

そんな電話を使ったサービスから派生して誕生したのがテレフォンセックスです。
出会いを目的とするのではなく、テレフォンセックスという名の通り、電話でエッチな会話をするのです。
相手の声や音を聞いて、脳内で想像しながら擬似的なセックスをすることができるのです。
テレフォンセックスをしたいと望む男女が登録するサイトも現在は誕生しており、その専用サイトを利用することで、簡単にテレフォンセックスのパートナーを探すことができるのです。
スマホのような電話さえあれば簡単に利用できますし、彼氏彼女の有無に関係なく誰でも手軽に利用できるアダルトコンテンツとして人気を集めています。